【ICO】MOOVER(ムーバー)の評価・購入方法まで徹底解説!【未上場仮想通貨】

導入

MOOVER(ムーバー)の公式サイト



近年はネット社会であり、多くの企業、個人が様々なネット回線を利用して通信しながら仕事、コミュニケーションを図る時代です。モバイルデータの通信料などは個人によって異なり、そんな中コストが高額と感じて満足に利用できない人もいます。世界の人が平等に平等に気軽にインターネットへアクセスできる環境を促すバランスを配給するサービスが誕生しました。それが「MOVER」です。

情報格差のない平等なネット環境を作り上げることが出来、毎月余剰したモバイルデータ通信量の使用権を、MOVEトークンのサービスを利用して、販売、購入まで出来るサービスです。これをシェアリングエコノミーとよんでいますが、このサービスによって、皆が自由にネットを使用できる社会インフラとなり、通信環境が良い場所から悪い場所を平等するためのサービスであり通信コストが高額なケースでも誰でも気軽にインターネットへアクセスできる環境で世界とつながり、すべてのインターネットユーザーが快適な環境でネットを使用することが出来るようになります。

概要

MOOVER(ムーバー)の公式サイト

資源に価値化を提供するサービスシェアリングエコノミーでMOOVERは、スマートフォンのモバイルデータ通信のみの余った分を売り買いすることが可能なサービスです。資源に価値化を提供するサービスをシェアリングエコノミーと呼びますが、データ通信量をシェアして資金を得るだけでなく、その他にもネットインフラ整備としてデジタル・ディバイド(情報格差)がなくなり世界的により良いネット環境を整えることが大きなメリットになります。ネット回線が遅い国などでも誰もが平等に、インターネットを利用可能になりMOVERは世界的なネット利用環境を整備することが出来、例えばネット通信が充実している国アメリカの通信分量をその他の発展途上国、南米(ボリビア、ペルー)、東南アジア、アフリカ、のネット回線が遅い国などでも誰もが平等に、インターネットを利用する事が可能なプロジェクトです。

Mooverはブロックチェーン技術に基づいたP2Pネットワーク上にモバイルデータ通信シェアリング機能を付帯します。シェアリングエコノミーは効率的で合理的です。シェアリングエコノミーは、個人が所有している資産を、分配し、分配者は資金を得ることが出来るウィンウィンなサービスなので、売りても買い手も余っている物を有効利用するために提供する事で、エコにも繋がり、消費エネルギーを抑え、地球温暖化にも貢献します。近年は、低エネ時代でもあり、使用するエネルギーもできるだけ抑えるようにするのはどこの家庭でも行っています。シェアを行うことで、エコノミーになります。メリットはさまざまでまず、余った資産を収益化して有効利用することが出来ます。

 

ICOのスケジュール(価格、開始日時、終了日時、調整予定額)

MOOVER(ムーバー)の公式サイト

コントリビューションは3つに別れています。段階的に資金調達をしていく方式でアーリーバードボーナスでなくフェーズごとに、エアドロップを実施します。

[フェーズ1]

開始

2017年 12月1日

終了

2500万USD到達後24時間継続

(最大14日間)

フェーズで1で作成されたMOVEトークンの10%が終了後1ヶ月以内にエアドロップ

 

[フェーズ2]

開始

2018年2月1日

終了

1500万USD到達後12時間継続

(最大14日間)

エアドロップ

フェーズ2で作成されたMOVEトークンの7%が終了後1ヶ月以内にエアドロップされます。

 

[フェーズ3]

開始

2018年4月1日

終了

1000万USD到達後即時、‘終了

(最大14日間)

エアドロップ

フェーズ3で作成されたMOVEトークンの5%が終了後1周間以内にエアドロップされます。

 

ICOの評価点

MOOVER(ムーバー)の公式サイト

新しいサービスなのでどこのサイトもそこまで差がない様です。

しかしシステムは以下のように多くのメリットがあります。

  • 購入者は普通に購入するよりも安く購入することが出来る
  • 無駄な資源を出さない、
  • 社会インフラに繋がり低エネルギーで持続可能な社会を目指せる

発展途上国では通信インフラが整っていない、モバイルデータ通信は今普及しているスマートフォンの使用において大幅なエネルギー配分を行うイノベーションとなりました。電波が入ればどこでも使え便利ですが、発展途上国では通信インフラが整っていないため、インターネット接続が利用できない地域もあります。東南アジアやアフリカなどでは固定回線用のケーブルもコストがかかるためにネット回線すら普及していない地域があります。この国による通信速度の違いによって通信が出来ない地域もあります。通信速度は国によって異なっていて日本、欧米各国の経済的先進国は比較的早いのが実情なのです。

 

メンバーの詳細(役職上位3名分:氏名、役職、経歴、実績)

MOOVER(ムーバー)の公式サイト

1 JOHN PETERSON

CEO

 

2 ALEXANDRE GRENIER

CTO

3 LOGAN EDWORD

CFO

ICOの進捗状況を時系列で要点をまとめる(Milestonse)

MOOVER(ムーバー)の公式サイト

資金調達

コントリビューション参加者によってMOVEトークン野購入額が合計で5000万USDを目指しています。

MOVEトークン価格、コントリビューションはusdベースにすると一定価格でNO取引になります。MOVEトークン価格1USD=100 MOVE、

更にコントリビューションは3つのフェーズに分けて徐々に資金を調達していきます。

購入制限

1カウントあたりの購入制限を設定します。

最小購入額 100 USD

最大購入額 50,000 USD

 

コントリビュート

MOOVERネットワークの開発に関わるために使用します

 

エアドロップ

一般的なモデルであるアーリーバードボーナスではなくエアドロップ方式を採用しています。

アライアンス

アライアンスは通信キャリアとアライアンス用に分配されます。通信キャリアはMOOVERネットワークでモバイル野ポイント交換が可能なシステムです。このmoveトークンは対象のキャリアに譲渡されてから2年間ロックされます。

リザーブ

限定的なメンバーによる本番環境のテスト実施を行います。Moveトークンを流通させて検証するために使用します。

 

あらゆるユーザーがグローバルにシェアが可能なサービス

余った通信量を他のユーザに分配することはどこの国でも導入していて世界各国でも導入しています。MOOVERは、あらゆるユーザーがグローバルにシェア(売買)が出来るようになり、デジタル・ディバイト問題を解消することが出来るのです。

 

デジタル・ディバイド(情報格差)を解消

 

MOOVERを利用することでモバイルデータ通信を皆で共有し分配することで、デジタル・ディバイド(情報格差)を解消することが可能となります。このデジタル・ディバイド(情報格差)はインターネットによる情報を世界各国の人々が共用できるようにすることで、デジタル・ディバイド(情報格差)が解消されていくのです。

 

ICOの購入の仕方

MOOVER(ムーバー)の公式サイト

ICOのからコントリビューションに参加をクリックして新規会員登録します。メールアドレスを登録してログインします。

Signup登録するをクリックしましょう。

メールアドレスとパスワードを入力して、すぐにメールが来ます。クリックしてすべて完了です。

トークンを購入する際には「BTC」「ETH」[LTC」が対応しています。購入したい数値を入力して購入をします。

 

ICO公式(購入)サイトへのリンク

MOOVER(ムーバー)の公式サイト

ICOの購入の仕方は簡単です。

MOOVER(ムーバー)購入ページはこちら

 

今までの通信キャリアは、その分の返金は今までに行っていませんし、国際的なネットインフラには関与していません。しかし「MOOVER」は異なります。余った通信量1GBを買い取りしてもらうことが出来るようになります。利用しない分を売却することで、割高な通信量を購入しなくてもよく、快適なネット環境の中スマホを利用することが出来るようになります。

 

 

まとめ

MOOVER(ムーバー)の公式サイト

MOOVERは、余ったモバイル通信データを第三者と売買することが出来るエコなサービスでありシェアリングエコノミーは世界各国のデジタル・ディバイド(情報格差)を解消し、情報インフラ整備を行います。MOOVERは最近いつ要さされるようになりまだまだ新しいサービスですが、利用者は急増しています。近年はネット社会であり、スマホの通信回線は個人に取って非常に重要なコミュニケーションツールです。モバイルデータの通信料なども個人によって異なるために、コストが高額と感じて満足に利用できないユーザーと、データ通信量が余ってしまって必要ない方を結ぶサービスです。世界の人が更に便利な環境でスマホを利用することが出来る環境を整えるサービスがMOVERです。情報格差のない平等なネット環境を作り毎月余剰したモバイルデータ通信量の使用権を自由に売買することをシェアリングエコノミーとよびますが、IOCサービスは、通信環境が良い場所から悪い場所を平等にしてすべてのスマホユーザーが快適な環境でネットを使用可能となり合理的なサービスなのです。モバイルデータ通信においても各個人の利用においても無線回線を更に有意義に使用することが出来るようになりLINEやSMSなどメッセージの送受信なども世界的にスマートに行うことが出来るようになります。

 

その他の質問等

世界で最も利用されている通信規格は、2G、3G、4Gですか?

反対に発展途上国であるアフリカ,中東,東南アジア諸国は遅いです。地域ごとに通信速度が異なっていきます。通信規格が異なレバ利用する際のスピードにも反映します。世界で最も利用されている通信規格は、2G、3G、4Gの3種類です。Gは世代という意味になり、数値が大きくなれば高度(スピーディ)な通信を行うことが出来るようになりますが、発展途上国はその多くが2G以下になります。2Gは

 

モバイルネット使用量について

 

毎月約500MBあたりしか使用することが出来なく、ネットを利用していると非常にスピードが遅く、ダウンロードなどにも大幅な時間がかかってしまいます。そのため2Gは今や先進国では利用していませんが、発展途上国になるとそれ以下のスピードになってしまいます。4G回線は全体の32%で大半が先進国になります。3G 回線も、物足りない時代であり、毎月1G以上の容量を使用することが出来ますが、あまり満足なスピードでネットを使用することは出来ません。モバイル通信データのシェアリングは、このような格差を大幅に縮めることが出来るようになります。

 

例えとして

A社で契約したモバイルの契約内容は3GBまで利用可能ですが、2GBしか使用しないで1GB余ってしまった際には一般の通信会社は1GB分返金しません。そのため使用していない通信量分も支払います。

料金設定は各国によって異なる

発展途上国においてネット契約した際には1GBから2GBにする際にはそれなりの料金もかかります。実は料金設定は各国によって異なり割高の価格で追加購入を勧められることもあります。不十分にネット環境を使用していると言えます。

MOOVER(ムーバー)の公式サイトから登録・購入できます。