マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の必要性は?ERC20とは?

ICOに投資する時、イーサリアムで購入するケースが大半です。

その場合、自分の取引所ウォレットから、該当ICO指定のアドレスに送金するのですが、いざ、ETH送金しようとすると、こんなメッセージで、軽く怒られます。

  • 絶対に、取引所から直接ETHを送らないようにしてください。
  • 必ずERC20準拠のトークンを扱えるウォレット(MyEtherWallet, Parity, Metamaskなど)よりETHを送付してください。

間違ったら、自分のETHが消えてしまうんじゃないかと、ちょっと、怖くなりますよね。

ICO投資するにあたり、避けては通れない、MyEtherWalletの必要性と、その簡単な使い方を解説したいと思います。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は何故、必要なのか?

何故、取引所から直接、ETHを送れないのか?

その理由は、簡単に言ってしまえば、取引所のウォレットとICOトークンが発行されるアドレスとでは、規格が違うからです。

イーサリアムの最大の特徴の一つとして、スマートコントラクトと言って、契約を自動的に行える機能があります。

このスマコンの機能を使って、イーサとICOトークンを自動的に交換してくれるので、ICO主催者も簡単にトークンを発行できるようになりました。

ICO主催者にとって、より簡単にトークンを発行できるシステムが作れるため、ICOトークンは、イーサリアムから購入できるようにするケースが圧倒的に多くなっています。

その場合、イーサリアムから交換して、新たに発行されるトークンの規格が、全て統一されています。その規格がERC-20という、20番目に提案された規格が人気になって、今は広く使われています。他にも、ERC-223や、ERC-721という規格も存在しますが、現在は、ERC-20の規格がICOトークンでは採用されています。

そのERC-20という規格に準拠したICOトークンは、全て同じ一つのウォレットで管理できるようになります。

もしその規格が、統一されていなかったら、新しいトークンを購入する度に、そのトークン専用のウォレットを持つ必要になってきてしまいます。そのためにも、規格の統一が求められていました。

話を、少し戻すと、なぜ、取引所から直接イーサリアムを送れないのかという答えは、

取引所のETHウォレットは、そのERC-20という規格に準拠していない場合があるからです。

そのため、取引所からは、ERC20に準拠しているウォレット(MyEtherWallet等)を経由する必要があります。

そのような理由で、ICO投資には、MyEtherWalletが必要不可欠になっておりますので、登録しておきましょう。