誰でもわかる仮想通貨のICOをわかりやすく簡単解説

最近よく聞く「ICO」という言葉。

仮想通貨に興味を持ち始める必ず出てく言葉ですが、

ICOって何?」と、

いまさら聞けないあなたに、わかりやすく解説していきたいと思います。

ICOとは

ICOとはイニシャル・コイン・オファリングの略で、企業がプロジェクトを遂行するために仮想通貨を使用して行う資金調達の事です。

「トークンセール」と呼ばれたり「クラウドセール」と呼ばれたりしています。

つまり企業がトークンと呼ばれる独自の仮想通貨を発行して、そのトークンを個人に購入してもらって資金を調達することです。

トークンとは

企業が独自に発行する独自通貨の事です。

発行者が自由に通貨の発行数を決めるたり、特典を与えたりすることができます。株式ではないですが株式と似ていると言えます。

ICOの流れ

実際に企業がトークンを発行して、個人が購入出来るまでにいくつかのプロセスがあります。

今日発行して、明日に売り出すという訳にはいきません。そのプロセスについて説明していきます。

1.アナウンス

ICOを計画する企業は、プロジェクト内容をアナウンスする必要があります。

その内容はホワイトペーパーというのもに記載され、プロジェクトの本質、目的、メンバー、販売開始日などを見ることが出来ます

それにより購入者は事前にプロジェクトの正当性等を判断できるようになります。

2.オファー

発行したトークンの価値を与えるイメージです。

発行したトークンがどのくらいの価値を持つのか?ほかの仮想通貨とどれくらいの交換比率で運用するのかなどを決めます。

3.PR

ICOを発行する企業が、プロジェクトやトークンセールに関してのプロモーションを行ったり、マーケティング活動を行ったりします。

このPR活動がプロジェクトの成功にかかっているといっても過言ではないくらい重要なります。

4.ICO販売開始

PRが終了するとICOが販売されます。

企業の指定する購入方法や金額(最低金額)で購入するかたちになります。

ICOをするメリット

ICOを行うメリットとして以下のことがあります。

・かんたんに参入出来るため低コストで資金集めが出来る

・独自トークンなので時価が資金を出した側の利益となる

・資金調達の返済がない

・インターネット上で資金調達が行えるため世界から資金を集めることが出来る

購入者のメリット

もちろん企業側ばかりでなく購入者にもメリットはあります。

・先行販売での購入は安く購入できる(ボーナス等)

・ICOで購入したトークンを通貨として使用できる

・プロジェクトが成功すれば、トークンで多額の売却益を得ることができる

・トークンの利用で開発されたサービスを利用する事もできる

ICOをするデメリット

ICOを行うデメリットとして以下のことがあります。

・仮想通貨取引所で取り扱いが認められないことがある

・プロジェクトに魅力がないと資金が集まらない

・他の通貨に対し魅力的な特徴を打ち出さないと価格が上がらない

・配当の義務はないが、プロジェクトで利益を出し分配をしないと評価が低下する

購入者のデメリット

詐欺等の言葉もよく聞きますのでデメリットに関してはしっかり理解しましょう。

・資金を持ち逃げさるリスクがある

・確実に信用できる情報を得るのが難しい

・取引所に上場せず取引が出来ない

・システムエラーによる取引の中断・プロジェクトの中断

ICOとIPOの違い

ICOとIPOはよく同じと思われがちですが実際は違います。

ICOとIPO(新規公開株)の違いは次のようなものがあげられます。

対象となる金融商品の違い

ICOは対象が仮想通貨です。IPOは対象が株です。

双方には対象となる金融商品に大きな違いがあります。

基準となるルールの違い

ICOは発行者が独自のにルールを決めて、自由に資金調達をすることができます。ですので誰でも発行することができます。

IPOは証券会社のルールや審査に基づいて株を発行します。ですので基準を満たしていない場合は発行することができません。

ただし、ICOはルールがないので、資金集めを目的とした「詐欺コイン」が存在していることも事実です。

売り出しの主体の違い

ICOは証券会社などの特定の金融機関でなく、誰でもトークンを発行して売り出すことができます。

IPOは証券会社が幹事として株を売り出し、監査をします。

ICOは監査がないので資金調達がすぐにできますが、審査がない分信用度は低いです。

IPOはその逆に資金調達はすぐにできませんが、審査が通ってるので信用度は高いです。

ICOの今後の見通し

現状では問題も色々とあるICOです。

ですが、グローバルな環境でシンプルに資金調達だ出来ることは大きな魅力になります。

また購入者にとっても、プロジェクトを応援した結果、大きな売却益を得ることができる可能性があるのは魅力的であるに違いありません。

実際に詐欺等の問題もありますが、今後はこれらの問題の法的ルールなど含め良い環境が整えば、さらにICOは発展していくことでしょう。