誰でもわかるの仮想通貨をわかりやすく簡単解説

何かと話題の仮想通貨。

様々なメディアで取り上げられ、「億り人」になった人も多数現れ、稼げるチャンスがあると興味と持たれた方も多くいると思います。

そんな仮想通貨ですが、そもそもどんなものなのか?

このページではその疑問にわかりやすく解説していきたいと思います。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、ドルやユーロや日本円などの通貨に対して、特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことです。

これだとわかりづらいので簡単に言うと、

「国による保証はないけど、特定の場所では通用する通貨である」

というのが仮想通貨を簡単に言った場合です。

また、円は日本でしか使えませんが、仮想通貨は世界共通の通貨なので世界中で使うことが出来ます。

仮想通貨はビットコインではない

よく仮想通貨=ビットコインと思われていますがそれは違います。

仮想通貨にはビットコインの他にアルトコインというものも含まれます。

※アルトコインとは一般的にビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)のことをアルトコインと呼びます。

代表的なもので

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XPR)

・ライトコイン(LTC)

・ネム(XEM)

などが代表的なアルトコインです。

ビットコインだけでなくその他の多くのアルトコインを含めて「仮想通貨」と呼びます。

仮想通貨は電子マネーではない

仮想通貨と電子マネーの違いについてもわかりにくいと思っている人が多くいますので説明していきます。

大きな違いを簡単に説明すると「単位」が違います。

ビットコインを例に説明すると

・ビットコイン=〇〇BTC

・電子マネー=〇〇円

ビットコインの単位は「BTC」に対して、電子マネーの単位は「円」です。

BTCは世界中で使える世界共通のお金に対し、電子マネーは日本円としか使えません。

ですので、例えばイオンポイント100ポイントを持っていてもアメリカでは使用することは出来ません。

一方、BTCは日本でもアメリカでもいちいち国ごとの通貨に換金しなくても使用することが出来ます。

もちろんBTCに対応していないお店で使用することは出来ませんので注意して下さい。

ブロックチェーンとは

仮想通貨を説明するのに重要になるのがブロックチェーンという仕組みです。

こちらもわかりやすく解説していきたいと思います。

ブロックチェーンとは仮想通貨のやりとりが記録された取引データの支える仕組みや技術のことを指します。

仮想通貨のやりとりを台帳記録のようなもので記録しています。

これだけ聞いてもわかりにくいと思いますので、順に説明していきますね。

ブロックチェーンの仕組み

仕組みを一言でいえば

「仮想通貨におけるこれまでの取引記録を記録したもの」

例えばビットコインのブロックチェーンだと

ビットコインの今までの全取引記録が記録されているだけです。

またその取引記録は誰でも見ることが出来ますから、不正が出来ない仕組みになっています。

なぜかと言いますと、例えば

ブロックチェーンを銀行の通帳に置き換えて考えてみます。

会社の全社員が同じ通帳を持っています。

仮に1人の社員が悪いことを考えて、その通帳から自分の通帳に振り込みました。

すると、他の社員が

「この人の通帳だけ入ってるお金が違う」とすぐに気づきます。

だから、その通帳から他の通帳へ振り込むなどの不正をすることが出来ないのです。

このように社員が他の社員を監視しあうことによって、不正が出来ない仕組みにしているのです。

仮想通貨の特徴

仮想通貨の特徴として

・全世界共通の通貨として使える

・ブロックチェーンの技術により改ざんや不正を防いでくれる

・国や銀行に依存していない

などがあります。

国のもとで発行され、銀行などが管理がなくなった事により、お金の送金時間も早くなり、手数料も安くなりました。

これは利用者にとって非常に良いメリットであることは間違いありません。