【ICO】Unizon(ユニゾン)の評価・購入方法まで徹底解説!【未上場仮想通貨】

個人同士のささえあいによる相互扶助の保険を目指すUnizon(ユニゾン)。新しい保険の形として今話題になっているICOです。

でも、いまいちどのような内容か分からないという声も少なくありません。そこで今回は「Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICO」の概要から買い方まで徹底解説します。

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOに興味はあるけど不安、参加しようか迷っているという方はぜひ参考にしてみてください。

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

Unizon(ユニゾン)の登録・購入方法こちら

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの概要

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

Unizon(ユニゾン)が目指すものは「個人同士の支え合いによる本質的な相互扶助」。ひとりひとりが助け合うことによって実現できる、新しい保険の仕組みです。

 

現在の保険の仕組みはたくさんの手数料がかかっています。保険会社が経営を続けるためです。もともとは個人同士の支え合いのために生まれた保険が、現在では事業体として収益性を高めることを目的としています。

 

その結果、必要のない無駄なお金がかかるうえ保険料は高くなり、世界中では数えきれないほど多くの人が保険に加入できていません。

 

「相互扶助」という本来の目的と欲求でさえも、解決できなくなってしまいました。このような問題を解決するためのプロジェクトUnizon(ユニゾン)なのです。

 

ただし、Unizon(ユニゾン)は「保険」自体ではありません。個人個人がお互いを支え合い、保険を全員でつくり管理できる場、仕組みこそがUnizon(ユニゾン)。

 

保険会社も介入することがないため、無駄なお金や手間を省くことができます。個人が保険をプランニングするため、今までにない新しい保険が生まれることもあるでしょう。

 

不必要なものを取り除いた透明性のある保険プラットフォームに人々を集め、保険を作り上げる次世代の保険の仕組みといえます。詳しく知りたい場合は公式サイトをご覧ください。

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの目的

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

Unizon(ユニゾン)の最大の目的は「個人同士の支え合いによる相互扶助の保険の仕組みを提供すること」。全員でお互いに保険をつくり、加入できる仕組みやプラットフォームの実現を目指しています。

 

こうした個人個人が支え合って作り上げていく形こそが、保険本来のあるべき姿であり、Unizon(ユニゾン)が理想とする形です。では、どのようにしてUnizon(ユニゾン)の目指す保険の仕組みを作るのでしょうか?

 

それは「ブロックチェーン技術」を応用します。現在ではよく耳にするようになった言葉ですよね。ブロックチェーン技術最大の特徴ともいえるP2Pネットワークは保険業界にとって、かつてないほどの衝撃的なイノベーションを起こすことができるといっても過言ではありません。

 

具体的な活用方法は全員で全員を管理し、プラットフォームを作り上げること。そのため、ユーザー自身が保険を企画し生み出すことも難しくありません。全員がお互いを監視できる透明性のある空間でお互いに資金管理、承認、支払い請求を行うことが可能になります。

 

保険のプラン自体もユーザーの欲求に寄り添ったものを作ることが可能になり、本当に必要なものが生まれるでしょう。このようにブロックチェーン技術を応用した新しい保険の形が誕生すれば、さまざまな問題も解決できます。

 

現在の保険業の課題を2つピックアップしてみました。

保険における無駄なお金の削減

保険業は日本だけに限らず、非常に費用がかかるビジネスの1つ。人件費、広告費をはじめとして、必要なお金の額は決して少なくありません。

 

そのため、収益を多くとらなければならない企業は保険料や手数料を高く設定します。その結果、利用できる人は限られてしまい、相互扶助とはかけ離れた状態になってしまうのです。

 

ですが、Unizon(ユニゾン)であればその心配はいりません。保険会社ではなく個人個人がお互いに保険をプランし管理するため、無駄なお金が一切かからないのです。

 

会社が仲介することもないため、手数料もかからず安く抑えることができます。

保険会社による不払いがなくなる

現在の保険の仕組みは保険会社と個人が契約するものが一般的。ただし、内容によっては保険が適用されるにも関わらず、お金が支払われないことも少なくありません。

 

保険料をもらえないと、契約している意味がなくなってしまいますよね。ですが、Unizon(ユニゾン)であれば、このような問題も解決できます。

 

ブロックチェーン技術を用いて、透明性のある取引を行えるからです。全員がお互いに保険を管理しているため、不正が行われる可能性は低くなります。

 

お金が安くなるだけでなく、安心して利用できるのもUnizon(ユニゾン)の目指す保険の仕組みのポイントです。個人個人の相互扶助を実現させるだけでなく、保険の課題を解決することもUnizon(ユニゾン)の目的といえるでしょう。

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの特徴

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

Unizon(ユニゾン)は次世代をつくる新しい保険の仕組みです。とても理想的なプロジェクトですが、本当に実現するか不安に思う人もいるでしょう。

 

そこでこの項目ではUnizon(ユニゾン)の目指す保険の仕組みを、根拠づける特徴をご紹介します。仮想通貨ICOの参加を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

相互扶助プロトコル

保険は本来、個人個人が相互扶助するためにつくられました。Unizon(ユニゾン)が目指す未来も同じです。

 

全員がお互いを支え合いながら作り出す保険の仕組みを実現するためのプラットフォームこそが、相互扶助プロトコル

 

ブロックチェーン技術を応用することによって、個人個人が支え合える仕組みを実現しています。

 

ここでは保険プランを個人が自由に作成し、立ち上がった保険プランの中から好きなものに加入することが可能です。

 

保険プランを企画した人には報酬が支払われるため、メリットも大きくなります。保険に加入する側も代理店などは一切仲介しません。

 

そのため、手数料を安くおさめることができ不利益なお金は全くかからないのです。一般的な保険に比べて圧倒的にコストを抑えることができるのも、ブロックチェーン技術によるネットワークによるもの。

 

このように保険の取引を個人個人が行うことができるネットワークこそが「Unizon(ユニゾン)ネットワーク」です。

 

Unizon(ユニゾン)ネットワークが繋がることによって、通常の保険にくらべて業務プロセスや、事業コストを削減することが可能になります。会社ではなく、個人個人が管理して支え合っていますからね。

 

収益性を求めた事業体ではなく、完全に個人同士の相互扶助です。そのため、マイクロ保険やニッチ分野の特定リスクなど、これまでにない保険商品の誕生も期待できます。

Unizon(ユニゾン)独自の救済システム

Unizon(ユニゾン)には保険以上のリスクが加入者に生じた場合に助けてくれる「救済システム」があります。

 

一般的な保険であったら、どうでしょうか?まず貧しかったら保険にさえ入ることができません。病気になって亡くなってしまうこともあるでしょう。

 

地震や津波など、急な自然災害がった場合なども保険に入っていなかったら、大きな損失を抱えてしまいますよね。ですが、Unizon(ユニゾン)では全加入者の保険料の3%をプールしています。いざという時は、プール金から資金分配してくれるのです。

 

なお、当初の救済資金の確保と全体量の底上げのために、資金調達時のトークン配分により確保されます。さらに、救済プールの残高は常に全アカウントから見える状態で保管されるため、安心して利用することが可能です。

 

これこそ「個人個人の支え合いによる本質的な相互扶助」。全員がお互いを助けあう本来あるべき保険の形といえるでしょう。

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOのスケジュール

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

Unizon(ユニゾン)はプロジェクトを実現するために、仮想通貨による資金調達を行っています。それが仮想通貨ICOです。仮想通貨ICOの特徴は誰でも参加ができるということ。

 

エリート少数派だけの参加に限られた資金調達法とはちがいます。Unizon(ユニゾン)もクラウドトークンセールにより、プロジェクトに共感した誰もがICOに参加可能です。

 

具体的なスケジュールを解説しましょう。Unizon(ユニゾン)の仮想通貨ICOは複数のステージに分かれています。「事前登録」「アーリーバードステージ」「ミドルステージ」「ファイナルステージ」の4つです。

 

ICO期間中にトークンを買って支援することによって、ステージに応じた額のボーナスをもらうことができます。購入者が買う仮想通貨の単位は「UZN」。発行されるトークンの総数は5億2,000万UZNです。

 

Unizon(ユニゾン)の仮想通貨ICOには「ハードキャップ」「ソフトキャップ」が存在します。ハードキャップとは調達する仮想通貨の上限数。Unizon(ユニゾン)では総トークン数と同じく5億2,000万UZNです。販売額が到達したら、その時点で仮想通貨ICOは終了です。

 

一方、ソフトキャップは資金調達成功の最低額。Unizon(ユニゾン)では1億8,000万UZNに設定されており、資金額が到達しなかった場合は失敗となります。

 

もし、仮想通貨ICOに失敗した場合でもUZNはすべて購入者に返金されるため安心してください。それでは、各ステージのICOの詳細をご紹介していきましょう。

Unizon(ユニゾン)事前登録

Unizon(ユニゾン)では事前登録が行われます。事前登録の最大の特徴は「エアドロップ」がもらえること。

 

エアドロップとはトークンが無料でもらえる仕組みです。Unizon(ユニゾン)の場合は40UZNが付与されます。

 

ただし、Unizon(ユニゾン)の事前登録期間は2018年3月1日~3月15日。2018年3月17日現在ではすでに終了しています。参加を希望する場合は、アーリーバードステージ以降に挑戦しましょう。

アーリーバードステージ

Unizon(ユニゾン)の仮想通貨ICO事前登録が終了すると、アーリーバードステージに移行します。プレICOと考えていいでしょう。

 

アーリーバードステージのICO機関は2018年3月15日~3月31日。ただし、期間によって販売上限もボーナス額も変わります。

 

3月15日~3月17日の期間のボーナスは100%。販売上限は4,000万UZNです。ボーナス額が100%であるため、購入したトークンが2倍になります。

 

実質50%OFFで購入できるため、かなりお得ですね。Unizon(ユニゾン)の仮想通貨ICOでも、これ以降高いボーナス額はありません。

 

3月17日~3月20日まではボーナス額が75%、販売上限は2,000万UZNです。75%でもかなり大きなボーナス率ですので、お得に購入したいならかなり狙い目です。

 

ただし、販売上限の2,000万UZNに到達してしまうと、75%ボーナスの恩恵も受けることはできません。いつ売り切れてしまうかわからないので、興味ある方は早めに買っておくといいでしょう。時間が経てば経つほどボーナス率は下がってしまいますからね。

 

アーリーバードステージの最終期間は3月20日~3月31日。ボーナスは50%で販売上限は2000万UZNです。購入したトークンが1.5倍でもらえる計算になります。

 

ミドルステージに移行してしまうと、ボーナスはさらに下がってしまいます。少しでも多くのボーナスを得たいなら、アーリーバードステージのうちに参加してしまうことをおすすめします。

 

ボーナスがあるとないとでは、お得さが全く変わってきますからね。できるだけ早めに購入してしまうといいですよ。

ミドルステージ

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOのアーリーバードステージが終わると「ミドルステージ」に移行します。ICOの第一弾と考えていいでしょう。

 

ICO期間は2018年5月15日~5月31日。ミドルステージも期間によってボーナスと販売上限が変わります。5月15日~22日までの期間はボーナスが30%、販売上限は3000万UZNです。アーリーバードステージではボーナス額が100%、75%、50%であったため、少しお得感は減ってしまいます。

 

ですが、ボーナスはあるにこしたことはありません。少しでも多くのボーナスを手に入れるためにも、この期間にトークンを購入しておきましょう。

 

ミドルステージの最終期間は5月22日~5月31日。これ以降にトークンを購入しようとすると、ファイナルステージまで待たなければなりません。

 

この期間のボーナス額は15%、販売上限は2000万UZNです。同じミドルステージでも前半と後半でボーナスが倍ちがいます。

 

少しでも購入が遅れて5月22日を過ぎてしまうとボーナスは減ってしまうため、注意してください。15%とはいえ、ボーナスの差は大きいです。早い段階に購入しておくといいでしょう。

 

ミドルステージで購入を逃してしまうと、ファイナルステージで買うことになります。ファイナルステージではボーナスが全くない期間もあります。

 

ですので、ミドルステージの期間中に買ったほうが圧倒的にお得ですよ。

ファイナルステージ

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの最終ステップ「ファイナルステージ」です。この期間を逃すと、トークンを購入することはできません。

 

ファイナルステージのICO期間は2018年7月15日~7月31日。アーリーバードステージ、ミドルステージと同じように期間によって、ボーナスと販売上限が異なります。

 

7月15日~7月22日まではボーナスが10%、販売上限は3,000万UZNです。Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOはこの期間を過ぎるとボーナスが一切もらえません。

 

ですので、少しでもお得にトークンを購入したい場合は、期間を見逃さないように注意してください。たとえ10%でも、ボーナスがあるとないでは差がでますからね。

 

7月22日~7月31日までは上記のとおりボーナスは一切なし、販売上限は2000万UZNです。この期間を過ぎるとUnizon(ユニゾン)仮想通貨ICO自体に参加ができなくなってしまいます。

 

また、販売上限の2,000万UZNに達してしまった時点でもUnizon(ユニゾン)の仮想通貨ICOは終了です。ちょっとでもUnizon(ユニゾン)に興味がある方は、ICOの期間と進行状況を随時チェックしておくようにしてください。

 

買えるうちにトークンを購入し、ICOに参加しましょう。Unizon(ユニゾン)の仮想通貨ICOは参加期間が早ければ早いほどお得な仕組みです。ボーナス額に大きな差が生まれます。アーリーバードステージの初期ではボーナスが100%なのに対し、ファイナルステージの後半は一切ありませんからね。

 

Unizon(ユニゾン)に少しでも興味がある方、Unizon(ユニゾン)のトークンを購入したい方は、なるべく早いうちに参加してしまうのがオススメです。

 

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの配当と仕組み

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの配当と仕組を解説しましょう。以下の図をご覧ください。Unizon(ユニゾン)のトークン保有権の内訳です。

 

円グラフの50%を占めている「Crowd Token Sale」が仮想通貨ICOに充てられているトークン量です。他のトークンの使い道は以下のとおり。

 

・マーケティング、コミュニティの拡大=20%

・調査機関=10%、

・アジャスターネットワークの構築10%

・プロジェクトチームメンバーへの付与=5%

・プロジェクの緊急時に備えるためのトークン=5%

 

ICOとマーケティング、コミュニティーの拡大に充てられるトークン以外は、しばらくロックアップされます。Unizon(ユニゾン)が上場しても最大で5年間です。ロックアップされたトークンは自由に取引することができないため、注意してください。

 

トークンの使い方もICOの参加を決める大切な判断材料です。しっかりと内容を確認し、トークンを購入するべきかどうか見極めるといいでしょう。

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの評価点

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOに参加を考えている方は、評価点もふまえて考えてみるのをオススメします。ただし、2018年3月17日現在は、主要なICO評価サイトにUnizon(ユニゾン)は登録されていませんでした。

ICObazzar 登録なし
ICObench 登録なし
ICOrating 登録なし
ICO4YOU 登録なし
foxico 登録なし
cryptorated 登録なし
平均点: 評価点なし(2018年3月17日現在)

今後登録され、評価点が分かる可能性もありますので、随時チェックしてみるといいでしょう。

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOのメンバー

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

Unizon(ユニゾン)の仮想通貨ICOはどのような人がプロジェクトを進めているのでしょうか?今回は主要メンバーを3名紹介します。

Donald Barnes CEO/Founder

DonaldはUnizon(ユニゾン)の創設者兼CEO多国籍企業で20年以上の経験を持つベテランの保険業幹部です。Unizon(ユニゾン)創業前はイギリスの大手保会社に勤め、世界各国に点在する保険支局を統括していました。

 

Unizon(ユニゾン)のCEOである彼は、ユーザーが長期的な安定を手にするための強力なチームを構築することを使命としています。

James Schmitt CSO/Co-Founder

JamesはUnizon(ユニゾン)をDonaldと立ち上げた共同創設者。最高戦略責任者(CSO)としても活躍し、ビジネス戦略や分析、販売チャネルなどを監督しています。

 

以前はアメリカの大手コンサルティング企業に在籍し、政府機関をはじめ、さまざまなハイテック企業の事業戦略をリードしていました。世界貿易センターにも勤務していたこともあり、幅広い経歴の持ち主です。

Stephen Berezny CTO/Co-Founder

StephenもJamesと同じくUnizon(ユニゾン)の共同創設者です。現在ではCTOを務め、Unizon(ユニゾン)には欠かせない存在になっています。

 

彼は国際機関で10年以上セキュリティとテクノロジーに携わってきたベテラン。日j業にグローバルな人材といえるでしょう。

 

アメリカの金融企業の情報セキュリティアーキテクチャのVPも務めた経験もあり、活躍の場はとても幅広いです。

 

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの上場について

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

Unizon(ユニゾン)の仮想通貨ICOに参加しようか悩んでいる方にとって「仮想通貨取引所への上場が決まっているか」というポイントは気になりますよね。

 

損しないためにもしっかりと下調べをしておくことが大切です。以下がUnizon(ユニゾン)のロードマップ。どのような流れでUnizon(ユニゾン)のプロジェクトを進めていくかが書かれています。

上記のロードマップを見ると2018年9月に「デジタル資産取引所UZNトークン取扱い開始」と書かれています。これがUnizon(ユニゾン)の上場のタイミングです。

 

すでに上場の時期が決まっていると安心してICOに参加することができますよね。では、どこの仮想通貨取引所に上場されるのでしょうか?

 

2018年3月17日現在は正確な情報は出ていません。ただし、クリプトカレンシー取引所での取り扱いは確定していると公表されていました。

 

詳しい情報はもうしばらく待つ必要がありますね。

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの登録・買い方(購入方法)

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

以上の内容をふまえて、Unizon(ユニゾン)の仮想通貨ICOに興味が湧いてきた方も多いのではないでしょうか?ICOに参加してみようと思う人も少なくないはずです。

 

そこでこの項目ではUnizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの登録方法と買い方をご紹介します。はじめての方でも決して難しくありません。画像つきで解説するため、一緒に登録してみましょう。

 

まずは下のボタンからUnizon(ユニゾン)仮想通貨ICO公式サイトにアクセスしてください。

 

すると次のような画面が表示されます。上部の「公式サイトで40UZNトークンを購入する」をクリックしてください。

Unizon(ユニゾン)の公式サイトが表示されました。こちらのページではUnizon(ユニゾン)のプロジェクトや、トークンセールの概要についても確認することができます。

詳しく知りたい場合は一度目を通しておくといいでしょう。また、画面右側には現在のトークンセールの状況が表示されています。2018年3月17日現在はアーリーバードステージの最中。ボーナスは70%です。

 

さらに下にはアーリーバードステージの第2ステージ終了までの残り時間が表示されています。ICOに参加するときは、どれくらいICOが進んでいるのか確認しておくといいでしょう。時間が経ってしまうと、ICOのステージが終了してしまう可能性もありますからね。

 

登録に進む場合は画面をすこし下にスクロールし「いますぐサインアップ」というオレンジ色のボタンをクリックしてください。

するとアカウントの登録画面に移ります。メールアドレスを入力して、チェックボックスにチェックをいれましょう。完了したら「登録」をクリック。

登録したメールアドレスに仮登録完了のメールが届きます。メールボックスをひらいて確認してみましょう。次のようなメールを受信しているはずです。

メール内に表示されているURLをクリックしましょう。有効期限は24時間以内です。過ぎてしまうと無効になってしまうため気をつけてください。

 

URLを開くと次のような画面が表示されます。「氏名」「生年月日」「パスワード」を入力し、すべて完了したら「登録」をクリック。

Unizon(ユニゾン)のホーム画面が表示されました。仮想通貨ICOに関する取引は基本的にこの画面から行うことが可能です。トークンを購入しICOに参加したい場合は左側の「トークンを購入」をクリックしてください。

トークン購入画面が表示されました。購入したい金額を入力しましょう。「BTC」「UZN」「USD」の3つの単位に変換してくれます。

試しに100BTCと入力してみました。100ビットコイン分のトークンを購入した場合の金額が表示されています。UZNでは4,051,000UZN、ドルでは810,200$ですね。自分が購入したいトークンの量を入力して計算してみましょう。

 

Unizon(ユニゾン)仮想通貨ICOのトークンはイーサリアムもしくはビットコインでの購入です。どちらか好きなほうを選んでください。購入制限はありません。事前に購入したい分の仮想通貨を準備しておくとスムーズですよ。

 

もし、購入額に問題がなかい場合は「送金先アドレスを取得する」をクリックしてください。すると送金先アドレスがQRコードといっしょに表示されます。取引所アプリもしくはウォレットアプリを起動して送金を行いましょう。

 

以上でUnizon(ユニゾン)仮想通貨ICOの登録は完了です。もし今後トークンの取引を行いたい場合も、Unizon(ユニゾン)のメイン画面から行うことができます。やり方も難しくないので、ぜひ挑戦してみてください。

さいごに

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら

Unizon(ユニゾン)は「個人個人の支え合いによる本質的な相互扶助」を目的とした新しい保険の仕組です。ブロックチェーン技術を応用することで、全員が保険をつくりだし管理できるプラットフォームを作ることを理想としています。

 

Unizon(ユニゾン)のプロジェクトが実現すれば、今までの保険の形は大きく覆ることでしょう。無駄なお金がかかることがなくなり、ニーズに沿った保険プランニングが可能になります。「相互扶助」という保険本来の形を取り戻せるはずです。

 

もし、少しでも気になった方はUnizon(ユニゾン)の仮想通貨ICOに参加してみる価値はありますよ。アーリーバードステージ、ミドルステージなど早い段階に購入すればするほどお得に買うことができますからね。

 

上場も決定しているため、安心感もあります。これからも大注目を浴びるICOといっても過言ではありません。ぜひ気になった方は一度公式サイトをのぞいてみてください。

 

Unizon(ユニゾン)の魅力に驚かされることでしょう。

Unizon(ユニゾン)公式サイトはこちら